2014.03.19 糖尿病食

先日、撮影のお仕事で糖尿病食の朝食を作りました。


イメージ写真なのですが、きっちり栄養計算もして、分量をしっかり計量して

作りました。


通常、栄養士が献立を立て患者さんに食べてもらう糖尿病食の場合、

魚などもグラムがきっちり量られたものが業者さんから届くことが多いです。


でも、患者さんが作る食事は普通のスーパーで購入するわけです。

今回、とってもシンプルな朝ごはんだったのですが、材料購入で苦労したのが

魚の大きさ。

鮭の切り身の小さなサイズを探すのに数件の魚屋さん、スーパーをまわりました。


こんな経験をして、患者さんたちはどうしているんだろう。小さくなるように切っているのかな?

などと考える機会になりました。


自分の立場からものを見てはいけないですね。

相手の立場になることの大切さを感じました。


撮影の時の写真がないので、その時飾っていたお花の写真を~


2014-02-28 029

スポンサーサイト